読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S17シングル2000 受かりそうで受からない少し受かるループ

S17お疲れ様でした!

ラストシーズンということもあってか原点回帰のガルガブゲンバシャボルトスイクンがいつもより多く感じたのと、対面構築にしれっと入っているオニゴーリも多いように見えた。

やっぱりみんな焦っていたんですかね。

f:id:pokomonn:20160914165927j:plain

今期はびっくりするほど勝てずに最終日になってようやく2000ぴったりに滑り込むことができました。うむ、キリがいい!

今期は(構築記事というのを踏まえると)自分の基準ではあまりいい戦績とは言えませんがこれ以降はもうORAS環境の構築を晒す機会もないと思うので、記録ということでS17に使用した構築を紹介します。
 

f:id:pokomonn:20160914165419j:plain

リザードン@リザードナイトX 猛火→硬い爪
陽気 H172A68B4D236S28
実数値 175-113-99-x-135-136→175-159-132-x-135-136
フレアドライブ ドラゴンクロー 竜の舞 羽休め
調整はフレアドライブでH振りギルガルドを倒せる程度の火力、C特化ギルガルドのシャドボや無振りスイクンの2積み熱湯を超高乱数で2耐えできるくらいの耐久、そして最速70族抜き抜きというせこい調整。
スイクンを起点にできるHDリザXというやつ。
ゲンガーボルトスイクンガモス辺りに強めの駒。受けループのボルトスイクン対策枠といえばメガバナだがこちらにバンギラスがいない都合上、相手のメガゲンガーの影に怯えなければならないのが嫌だったためボルトスイクンを相手にできてゲンガーも大して怖くないポケモンを探したところこんなポケモンに行き着いた。
当初は補完としての採用だったが使ったみたら予想以上に強く選出率No1になっていた。
増加傾向にあった毒守ボルトを切った選出と立ち回りを強いられたが、勝率自体は採用後から目に見えて上がった。
 

f:id:pokomonn:20160914165430j:plain

ガブリアス@拘りスカーフ 鮫肌
陽ASb
実数値 183-182-116-x-105-169
逆鱗 地震 ストーンエッジ 岩石封じ
普通のスカガブ。
ストッパーとしての採用理由の他にミラーに勝つためのスカガブでもあると個人的に思うので最速。
岩技が2つ搭載されているのは元々は剣舞型だったものを流用した名残り。
 

f:id:pokomonn:20160914165441j:plain

腕白 HBs
実数値 172-100-211-x-90-91
アイアンヘッド 毒毒 鉄壁 羽休め
普通のゴツメエアームド。硬い。
 

f:id:pokomonn:20160914165449j:plain

ヤドラン@ヤドランナイト 再生力→シェルアーマー
図太い H244B156C4D100S4
実数値 201-x-165-121-113-51→201-x-242-151-113-51
熱湯 電磁波 怠ける 鉄壁
普通のメガヤドラン。めっちゃ硬い。
 

f:id:pokomonn:20160914165500j:plain

ラッキー@進化の輝石 自然回復
図太い HBs
実数値 357-x-62-55-125-71
ゲンガーに有効打が欲しくてサイキネを入れてみたが地球投げ安定だった。
相手のスキスワ持ちにグライオンのポイヒをパクられたときはラッキーでスキルスワップしてポイヒを奪い返した直後、相手のスキスワ読みドヤスキスワ返しという動きが何度か決まって気持ちよかった。それだけ。
後受けルミラーの度に相手は初手グライでTODに入ってくるのでまもみがしてる間にポイヒをパクってやろうと試みましたが、安易な繰り出しは絶対にスキスワを警戒されると思って隠すために毒を受けてから産み連打して自然回復で回復してからまた繰り出したりとしばらくは相手からしてみればよく分からないであろう行動をわちゃわちゃとしていました。
でも結局警戒される気配がなかった。ラッキーのスキスワってあんまり知名度ないんですかね。
 

f:id:pokomonn:20160914165526j:plain

グライオン@毒毒玉 ポイズンヒール
腕白 H212A36B4D252S4
実数値 177-120-160-x-127-116
地震 毒毒 守る 蜻蛉帰り
ガッサの襷を潰しつつリザードンを降臨させるための蜻蛉。
グライに初手胞子は撃てないと高を括っていたが普通に胞子してくるガッサもたまにいるので安定択とは言えないが初手は守る。
身代わりされても次のターンで貫通できますしね。
守る読み剣舞やめてくんろ〜><
潤滑油として役に立った場面はそこそこあったものの普通の無限型の方が使いやすい。
ガッサの処理を全く用意していなかったので「仕方なく」蜻蛉帰りを採用。大人しくバレルとか使えよと言われそうだが色々あってグライオンというポケモンが欲しく他のポケモンにもそれぞれ役割があるので抜くわけにはいかなかった。
 
果たしてこれは受けループと呼べるのだろうか。
当初はもっとコテコテの受けループで戦っていましたがどうも自分は受けルーパーとしての才能がないらしく、マンダやゲッコウガが入ってきて段々と攻めの姿勢を兼ね備えた暴力的な構築になっていき最終的に受けループのような何かに行き着きました。
対面構築への基本選出はガブリザムドーでそれ以外の構築へも大体ガブリザ+1の選出。
 
以下自分語り
今期は一番気合いを入れて潜ったにも関わらず、先ほど書いたように自分は受けループを扱うのも構築するのもへたっぴで長いこと迷走しており残り1日でようやく2000に乗せると同時に果てた。
2000に乗せたときはもう疲れたしレート納めはこれでいいやとやめてしまったのですが今更になって最後だしもっと頑張ればよかったと消化不良を感じています\(^o^)/
やっとのことで勝てそうな今の構築を見つけたのが金曜日のことで、土日は潜れませんでした。くやぴ〜!
※約 後2日あればもっと上に行けたぜ!きっと…分…
とでかい口を叩きましたが実際に成し遂げていない以上は何を言っても言い訳にしかならないのでSMレートではこの消化不良を挽回できるように頑張ります。
ともあれORAS環境を最後まで楽しむことができてよかったです。
シーズン毎の経過を振り返ると運がよければレート2100行けるくらいの手応えで結局21チャレンジに成功したのは一度だけだったのでOARS環境での自分の適正レートは2000台かなと感じます。
SMレートではもっと上を目指したいところ。