読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トップメタへの立ち回りその②【オニゴーリ】

別にトップメタというほどの個体数ではないが個人的にはトップメタ。
理由は最低限でも対抗手段がないと詰むから。
こないだ、とあるブログで「害悪戦術は思考停止だと避難をされがちだが、思考停止でも勝ててしまう試合があればその相手が弱いだけなんじゃないか」という旨の発言を見かけて「なるほどな」と思いました。
引用元は敢えて伏せさせていただきますが「避難する前にまず対策しろ」ということですね。
レパルガッサメタモンなんかがいい例です。
害悪構築に限った話ではありませんが、もちろん対策したからといって100%勝てるなんて単純な話ではない。
また、害悪と単に言っても中には選出画面では型を判断するのが困難な催眠ゲンガーのようなものや不意の威張るポケ(スタンパに入ってるいばみがボルトなど)のように状況次第では運に任せるしかないものもありますが、自分は少なくともオニゴーリやピクシーに関してはとっても便利な魔法の言葉「嫌なら対策しろ」が当てはまる範疇だと考えています。
オニゴーリというポケモンは性質上いくら対策しようと負け筋が存在し続けるが対処法さえ用意すれば少なくとも負け続けるということはないはず。
用意した上で負け続けるのであればそれはお祓いに行くかそもそも対策として機能していないので見直すべき。

f:id:pokomonn:20161002170721g:image
こいつの対処で優先すべきは
ムラっ気や零度の試行回数を稼ぐ隙を与えずに処理>>>>身がわり貫通技や身がわりを壊した後に高火力先制技で落とす
ことだと自分は考えています。
ムラっ気ゴーリはターン数を与えること自体が負け筋なので例えば
のようなルートを取ってムラっ気の試行回数を稼がせるよりもボルチェンなどを利用し起点回避しつつ上手く麻痺の入っていないバシャやルカリオなどとオニゴーリと対面させて上から叩いたり、滅びゲンガーなどのムラっ気の影響を受けにくいポケモンで対処した方がいいでしょう。
前者は論じるだけなら簡単だがメタモンも警戒しなければならなかったり当然相手もそのような動きは嫌ってくるので実際にやるのは簡単ではない。
具体的な対策をいくつか挙げてみる。
①滅ゲン
自分が最も信頼するオニゴーリ対策。
このポケモンを入れているときはオニゴーリにほぼ負けた記憶がない。
影踏み滅びでそもそも(Sアップ以外は)ムラっ気の影響を受けずに1:1交換することができる。
オニゴーリの前にゲンガーを出した時点で滅ゲンが読まれそうなので零度ぶっぱを加味して初手は道連れから入る。
オニゴーリの処理に専念するなら 道連れ→滅び→道連れ→道連れ→道連れ
あわよくば温存したいのであれば 道連れ→滅び→道連れ→身がわりor守る→カウントの終わるターンでクッション(生贄)に交代
というルートを取る。
生き残れば裏のガルーラやピクシーに役割を持つことができる。逆にいえばゲンガーが突破されると処理の難しいこいつらを他で相手しなきゃいけないのがネック。
滅びを撃ったターンにSが上がって零度を当てられたらオニゴーリとはそういうポケモンだと割り切るしかない。
そう…割り切るしかないんだ…
②襷ガルド
なんか聖剣連打してたら勝手にみがまもで圏内まで削れてくれて面白かった。
身がわりされないタイミングで襷ガルドと対面させるように心掛ける。
A4振り聖剣一撃では落ちないが経験上ガルドを見て初手から零度してくるオニゴーリはいない(向こうからしたらSの遅いポケモンは起点のため)。
聖なる剣という技はムラっ気の影響を受けないので襷ギルガルドは対オニゴーリとしてはそれなりに信頼している。
③貫通技や先制技持ちを後出しして処理
麻痺状態でボルトロスを突破して起点にされても眼鏡ニンフィア、メガヘラなどの貫通技持ちを後出しすることで対処する。
恐らく最も広く浸透している対策だが自分としてはあんまり信頼していない対策。
というのは後出しから対処しようとするとこちらが攻撃に移るまでにムラっ気の試行回数を2回稼がせてしまう点と鈍足なので上から零度を撃たれるという点が気になるため。
ムラっ気の発動2回の間にB、D、回避率のうち少なくとも1つが一段階以上アップしている確率を昔計算したことがあるが間違っていなければ大体50%くらい(計算は長いので今は省略。暇なときに補足するかも)。
「相手側に有利な能力がアップするかつ倒しきる前に零度が当たる確率」を高いと見るか低いと見るかは人次第ですが実体験を交えてもニンフィアメガヘラローブシンなどは普通に突破される。むしろ突破された回数の方が多かった。
ニンフィアの場合1段階であればまだこちらが有利だが2段階アップされるとかなり危ない対面になる。
メガヘラは多少ならBがアップしてもまだ有利ですが(ヘラの場合はむしろ最も警戒すべきはメタモン)。
もしこれらの能力変化がなくとも上から零度を撃たれるのでマンムー対策にヤドランだと不安が残るような人では頼りなく感じると思う。
自分はオニゴーリに限らず特定の構築の対策をしたときに体感勝率7割以上をキープできていれば問題ないと考えているがこれらのポケモンで対策したときは真面目に3割くらいしか勝てなかった。
自分の立ち回りの甘さもあるがそもそも上から零度を撃たれるのが本当に辛い。
まあ基本は有利だし相手からしたらこれらのポケモンが脅威であるのは変わらない、何よりいるといないでは雲泥の差なので決して対策として無意味だとまでは思いませんが。
メガサナや、武神よりも高火力で先制技を撃てるハッサムに関しては試したことがないので分かりませんがサナはS振れば基本零度を撃たれる前に上から殴れるので悪くはなささう。ハッサムも鉢巻に限れば裏のピクシーにも強そうなのでわりかしよさそう。
④☆TOD
アイへ毒羽鉄壁の受けル仕様のエアームドTODを試みていたがまあまともな対策ではない。昆布型ならまた違うのかもしれませんが。
守る身代わり型のドランやエンテイ地震を切るのであればムドーに比べれば幾分か信頼できる。
⑤ガルーラ
対策としてよく挙げられていますが自分がガルーラを使ったときは相手側の選出は
f:id:pokomonn:20160724215508j:plainf:id:pokomonn:20160721010801j:plainf:id:pokomonn:20160721012234j:plain
f:id:pokomonn:20160721010801j:plainf:id:pokomonn:20160721012239j:plainf:id:pokomonn:20160721012234j:plain
などのようなものがほとんどでガルーラキャリアの短い自分はオニゴーリと対面する機会があまりなかったのでぶっちゃけ詳しくは語れません。重要なところなのにごめんなさい。
そもそもの試合数が少ないからなんとも言えないがガルーラを使っていてオニゴーリにやられた覚えもないし、まあ普通に考えて麻痺さえしていなければ速いやつなら基本ガルーラ有利なんじゃないでしょうか(スーパー投げやり)
対害悪構築にはガルーラが相手のボルトと初手で対面した際安易にメガれないのが悩ましい。
初手ガルミラーだとこっちはメガ進化しなくてはならないので突破しても裏ボルトメタモンだと処理を考えておかなければ大変なことになる。
自分はガルーラを使っていた際、対害悪構築は単純に出し負けが少ないから初手ガルから入っていましたがこう考えると初手ガルーラは利口ではなかったかもしれない。今更ですが。

その他 試したことないが有効かもしれない対策
・どくびし
 かなり有効だとかなんとか。警戒され辛いのもよさそう。
・波動弾
 メガルカリオはかなり安定しそう。このポケモンを選出するなら警戒すべきはメタモンの方だろうか。
 カメックスはよく分からないけど聞く話によると有利らしい。
 †神†


 そもそもヌケニン入りのパーティにオニゴーリは来るのだろうか。




周りがSMの話で盛り上がっている中、シーズンの終わったORASレートの真面目な対戦考察やら単体考察をするのは、周りがスマホを使っている中で1人だけガラケーを必死に操作しているおじいちゃんのような気分である。