読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【単体考察】眼鏡ゲンガー

注:前置きが長いので興味のない方はゲンガーの画像くらいまで飛ばして下さい!

 

今更ですがS16、サブロムではこんなパーティで潜っていました。

f:id:pokomonn:20160724215508j:plainf:id:pokomonn:20160724215517j:plainf:id:pokomonn:20160724215524j:plainf:id:pokomonn:20160724215530j:plainf:id:pokomonn:20160724215538j:plainf:id:pokomonn:20160724215544j:plain

みんな散々見てきたであろう厨パ。いつメン。ガルガブゲンはズッ友だょ!

このパーティでのレートは2009でこれ以降は本ロムで潜っていました。ぶっちゃけ自分基準では低いとは思いませんが他の方々が対面構築で2100、2200と結果を残している中で「ガルガブゲンを使ってレート2000です!」とブログで高々と宣言するのはその方々と比べるのはおこがましいと分かりつつも書いていて若干の引け目を感じますね(笑)

当初は鉢巻空を飛ぶボーマンダとかオボン呪いゲンガーとかフェイントメガヘラクロスとか色々な何より意表が突ける()ポケモンで潜っていたわけですが最終的には結局対面厨パに落ち着いた。

フェイントメガヘラはミサイル針とフェイントでガブを倒せたりして思ったよりも強かったが使い始めた瞬間に鉢巻燕返しガブとかいうメガヘラに恨みを持ったポケモンに3回くらい立て続けにマッチングして逆に意表を突かれたので心が折れて使用を断念した。

自分は普段はガルーラを対策する側のプレイヤーなんですけどサンムーンの発売も近い=ガルーラ弱体化(多分)はもうすぐだからガルモン最盛期の今のうちに使ってみたかったんです。

そんな感じで今更になって本ロム(2000まで)もサブロムも「オラガルガルすっぞ!」とガルモンを謳歌していましたがそんな中で何より意表が突ける愉快な仲間たちの一匹、眼鏡ゲンガーくんは使っていて中々面白く可能性の片鱗を感じたので今回はその紹介だけさせて下さい。

書いてみたらやたら前置きが長くなってしまったが要するに机上論ではなく実際にレートで使ってみたということを伝えたかっただけです。

 

↓ここから本題↓

 

f:id:pokomonn:20160724172437j:plain

ゲンガー@拘り眼鏡 浮遊

臆病CSb

135-x-81-182-95-178

シャドーボール ヘドロ爆弾 気合玉 トリック

 

メガ(ネ)ゲンガー。

ぶっちゃけ火力は「ゲンガーにしては思ったよりも高い」程度で最高火力のヘドロ爆弾はアイテム補正なしの控えめサザンドラの流星群にも劣る。

でもこの「思ったより高い」火力が肝心で技威力が貧弱なゲンガーに催眠対策もばっちりだと言わんばかりに後出ししてくるHDファイアローとかいう数値不足ポケモンを確定2発で葬ることができる。眼鏡なので羽休めでちまちま珠ダメを稼がれることもない。

受け出してきたHDアローやチョッキブシンがヘドロ爆弾2発で散っていく様は痛快。自慢の素催眠対策HDラムサンダーやラムサザンも乱数次第だがヘドロ爆弾2発で倒せたりする。

自分がこいつを使っていたときの立ち回りは「ガルーラを受けにくるゴツメ枠と眼鏡ゲンガーとの対面を作って崩す」というものでした。ガルクレセサザンの眼鏡サザンドラみたいな感じですね。「すまん、それサザンドラでよくね?」とか言わないで><

眼鏡サザンのような一撃でぶち抜くような火力はないが霊+毒+格闘という一貫性の高い技範囲で交代先に確実に負担をかけていけるのがゲンガーの魅力。例えば相手の裏にマリルリなんかがいても強気に選出していける。

(ゲンガーは個人的にドリュウズに次いで有利対面を作られたら2番目に怖いポケモントリオの一匹。後の二匹はガルーラとメガヘラ。)

またこいつは相手のガルーラからこちらのガルーラに飛んでくるノーマル格闘技を透かすことができ、ガルーラを受けに来るポケモンにも強めなので初手ガルーラミラーでこちらのガルーラの型判別後に削れた相手がクレセやカバに退いてくるであろうタイミングでの後出しが「この時点では」非常に安定する。「この時点で」というのは突っ張られたらなまじ削ったばかりに捨て覚悟で不意打ちを撃たれる可能性が高くなるため。

実際にこの対面はHP満タンの初手では素猫を受けた後、不意打ちはほとんど飛んで来ずにドヤ眼鏡気合玉で7割飛ばすことができたがガルーラから退いた後の場合では削ってしまったばかりに鬼火や催眠を恐れずに不意打ちを撃ってくるガルーラと撃ってこないガルーラは半々くらいでヘドロ爆弾を撃ったら不意打ちで「あべしっ!」することも少なくなかった。(この辺から自分の立ち回りの下手くそさを痛感する)

元々対ガルーラのつもりで入れたポケモンではないが対ガルーラを考えるならトリックを抜いて一旦不意打ちを透かせる鬼火辺りが欲しくなる。拘り鬼火は構築に工夫がいるが。

そろそろ「ガルーラ」がゲシュタルト崩壊を起こしてきたので別のお話。

続いて注目して欲しいのはこのダメ計

攻: ゲンガー Lv.50

防: バンギラス Lv.50

ダメージ: 208~248

割合: 100.4%~119.8%

技: きあいだま

威力: 120

タイプ: かくとう/特殊

特攻: 273 [拘眼]

特防: 240+ [岩]

天候: すなあらし

なんと砂下の慎重H252D204振りバンギラス、つまり受けルのバンギラスが眼鏡気合玉で丁度確定一発。

そう、自慢の受けル対策(7割)!

受けルの動かし方をちゃんと知っている人であればゲンガーがいる時点で大体初手バンギ、初手に来なくともメガ枠を見せていない状態であれば基本どんな対面からでもバンギに退いてきます(ラッキーどころかミラーでも退いてきたりする)。

そこに眼鏡気合玉をぶち当てる(2チャンあれば91%!)。当てた後は一旦退いてからヘド爆シャドボでゴリ押したりトリックなどで好きなだけ場荒らしできる。

とはいえ所詮はワロス玉、2連外しなんてザラですし立ち回り面も初手バンギが来なかった場合は相手のバンギへの交換を前提としている時点で安定性に欠け、対策としてはぶっちゃけ微妙です\(^o^)/

まあ7割で受けル潰すマンってことで。

 

眼鏡ゲンガーの紹介については大体このくらいですね。

見返して思ったけどガルーラの不意打ちで死ぬとか受けルには7割でしか勝てないとか真面目に紹介する気あるのかってくらいにボロクソ書いててくっそ弱そう(笑)でも強いですよ!

構築単位の話になるけどヘラクレセドランに対して初手ガブ投げて逆鱗→相手初手メガヘラでミサイル針→相手クレセリアで受け出し、ゴツメでガブ落ちる

この時点でメガヘラとクレセリアが眼鏡シャドボ圏内になったり、ドランが受け出してくるが眼鏡シャドボで超高乱数2発なのでシャドボ連打しているだけで勝てたり、対ヘラクレセドランは大抵似たようなパターンでイージーウィンできたり。

まだまだ開拓の余地がありポテンシャルはあるポケモンです。興味が沸いたら色々遊べるシーズン序盤の今のうちに使ってみて下さい。

発想としては割とありそうなんだけどあまりメジャーではないのは眼鏡なんかと違ってメガゲンや珠ゲンが強すぎるからでしょうね。

ということでこれから新しいメガ用ゲンガーを孵化してくるので今日はこの辺でノシ

 

追記

眼鏡ゲンガーでS16レート2100の方がいたみたいですね。

【S16使用構築】初手不意打ちは型ばれ「最高最終レート2123 70位」:piuのブロマガ - ブロマガ

リンクは無断転載ですので問題があれば削除します。コメントでお申し付けください。

 

この記事で長々と語っていたのは一体なんだったのか

まあほかの方が強さを証明してくれたということで!強いぞ眼鏡ゲンガー\(^o^)/